<< 技術の継承を大切に!! | main | 機械要素技術展 出店 >>

コマ大戦 千葉予選会 そして上田へむけて

0
     6月15日 千葉県千葉市にコマ大戦 G3県別対抗戦の千葉予選会に行司としてお手伝いさせてもらいました。

     いつもは選手として そして地元開催では主催や実況として それぞれ違う立場での参加してきて 今度は始めてオフィシャルな場所で行司という重い立場でのサポートです。


     いつも選手として参加している立場とすると 行司の微妙な判定に 戸惑うこともあったのですが、今度は自分が行司  選手のときに味わう あのなんともいえない緊張感とは違う   胃液がこみ上げてくるような いや〜なプレッシャーのかかる緊張感をともないながらの参加でした。 いつも冷静な顔で適正なジャッジしている落合さんはたいしたもんです。

     千葉県は今回 コマ大戦の開催は初めてで そのなかで学生含め16チーム集めたのはとっても大変だったろうと察しました。

     うちら群馬も 両毛特別に参加いただいた企業さん中心に声をかけましたが、長野の本選の参加が難しいとのことでお断りされてしまうケースが相次ぎ、両毛+前橋工業高校、高崎技術専門学校での選抜チームでいこうということになり、

    これからもっと、群馬の企業 学校関係などに たくさん認知していただき、積極的に参加してもらわないと、裾野は広がらないと再認識するにいたりました。     

     「コマが強い」=技術力が高い、探究心が旺盛  自分のなかの印象です。難削材を切削し、形状を研究し、いかに強いコマを作れるか!! という課題に真っ向から挑戦する地域は ものづくり力がすぐれていると感じます。

     両毛地区だって、ものづくりの町をアピールしているなら、これはおいかけていく必要があるでしょう! てゆーか楽しくてしかたないのですが

     今回 千葉のみなさんと交流させていただいて、感じたことは、皆さんとっても楽しんでいたことでした。

     交流会のときも自分のコマを片手に コマを語りつくしているひともいたりで、またコマに夢中になってくれた人が増えたのは大変嬉しい限りです。

     そのなかで感じたことは、場数って大事だ! です。 行司目線でみると、このコマ強いなぁって 一度みればわかります。  今回一番強いだろう感じたのは、千葉工業大学にコマでした。  

     決勝で光精工の秋山君と対戦したときも順当なら千葉工大さんだなとおもったのですが、秋山君に 右 左と振り回され 最後は失投してしまい。優勝を逃しました。

     これはやはり投げ手の場数の勝利でしょう! どのくらい練習してどんな試合をこなしてきたか、秋山くんは格闘家ですから、そういう経験を試合に生かすことになれているなぁと感じました。

     自分はいったい公式戦何試合したのか あらためて数えてみました。第一回のG1から数えて合計18試合!(たぶん)

     最初のころなんて てんばってばかりで、どんなふうに投げるとか 考えられなかったけど、 少しづつですが、対戦相手のこと、攻略方法など、冷静になげられるようになってきました。

     これからもいろいろなスタンスの経験をふんで、コマ大戦楽しんでいこうと思います。

     主催のほぼ千葉のみなさん、ありがとうございました。 みんな ながので会いましょう!!


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links

    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM