<< 大船渡の漁師の味方の復活 | main | 繭と生糸は日本一って 上毛カルタにはありますが... >>

製造業的復興支援

0
     5月16日の水曜日 もう先週のことになってしまいましたが、今FBで繋がっている仲間で 製造業的復興支援 というチームを作っています。

     

    僕らものづくりの仲間だからこそ出来る支援を探し、被災地を支援していこうというプロジェクトです。

     

    自分はこれで2回目の参加となりますが、前回と同様 宮城県名取市の箱塚櫻の大きな仮設住宅の団地にて、風除室の棚設置作業をしてきました。

     

    仮設に跡付けされた風除け用の玄関の中に棚を据え付けるわけですが、狭いスペースを有効に使うために そのスペースにきちっと合うものを設置します。


     

    まずは現地に材料を運び みんなで組み立て作業、製造業のみなさんのほかに

    宮城高専の生徒さんと先生もいます。

    木製の材料をみんなで手分け分担しながら、手際よく組み立てていきます。

     

    やはりみな ものづくりのメンバーだけあって 作業の効率はみるみるあがります。

     

    さいごに 製復支P のステッカーを張り 完成!!

     

    午後から 据え付け作業の開始 です。

     

    この日はとても天気が良く 暑いくらいで、汗をたらしながらみんなで作業

     茨城県の光和精機の佐藤さんの採寸と設計で作られた棚は 本当によくできていて、きっちりと風除室に収まったのでした!

    棚がとりつけられていくのを見て 「うちにもつけてほしい!!」と追加注文も数件でて、それにもきちんと対応して、事前にアンケートも取り、ほしい方にだけ取り付ける配慮など 本当に気遣いがよくできてるなぁ〜と感心します!

     

     「ついでに物干し場が高いから 低くしてくれないかなぁ」

     

      「へい!! 承知!!」

     こんな調子で皆さんのお役にたっていく!

     

    これがものづくりのみんなの力とサービス精神なんだな!

     

    いい仲間ができました!

     

    次のプロジェクトはまだ決まってませんが、また近いうちに何か出来ることを決めていくと思います。

     

    日本のものづくりは 愛とサービスに満ち溢れているのだ!! 

     



    コメント
    こんばんは。
    かなりな遅コメです(^_^;)

    昔の街並みでは当たり前の光景だった様な気がします。
    近所の大工さんや同じ街の工務店に頼んだり。
    そんな形の付き合いや関係が昔は普通だった様な気がするね〜

    被災地の人達にとっては凄く頼もしかったと想うよ!!
    • yama大
    • 2012/06/06 11:09 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links

    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM