<< 浜のミサンガ | main | 中小企業論ゼミ 学生がやってきました。 >>

こうありたいという自分

0
     今 自分にできる支援とは何か そして自分はどう生きるべきか  これから何をすべきか..  あまりにも色々情報があふれ 自分を見失いそうになる。  そんなとき ある方から 宮沢賢治の雨にも負けずをいただいた。  あらためて ジーーーンとしみました。   こうあるべき自分というより こうありたい自分を目指し マイペースで進もう!   一人の力は小さいけれど 仲間がいればきっとなんとかなるのだ!    「雨にも負けず」 雨にも負けず、風にも負けず 雪にも、夏の暑さにも負けぬ、 丈夫な体をもち 慾はなく、決して怒らず、 いつも静かに笑っている 一日に玄米四合と、味噌と、 少しの野菜を食べ あらゆることを、 自分を勘定に入れずに よく見聞きし、分かり、 そして忘れず 野原の、松の林の陰の、 小さな、萱ぶきの小屋にいて 東に病気の子供あれば、 行って看病してやり 西に疲れた母あれば、 行ってその稲の束を負い 南に死にそうな人あれば、 行って、怖がらなくてもいいと言い 北に喧嘩や訴訟があれば、 つまらないからやめろと言い 日照りの時は涙を流し、 寒さの夏はおろおろ歩き みんなに、木偶坊(でくのぼう)と呼ばれ 褒(ほ)められもせず、苦にもされず そういうものに、私はなりたい

    コメント
    深いなあ・・・ オレもこうでありたいよ。 まだまだ自分の事ばっかりで。 反省です(苦笑)
    • yama大
    • 2011/06/20 9:58 PM
     そうだね〜〜  お互いまだまだ ここには程遠いが  目指すことが大切だと思いました。
    • はびろ
    • 2011/06/21 8:47 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links

    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM