7月終了!一年経ちました!

0
     7月を振り返り..  ?下請の底力 羽廣保志    ?下請の底力を立ち上げて 一年が経ち 一周年の最後の月がこの7月です。 それもあり、今月は自社の仕事も含め 初めてづくしで大変あわただしく過ぎていきました。    後半に入り あまりの忙しさに 宇都宮大学のほうは 休みをとらざるおえず、第一期にて修了というわけにはいかなくなりそうですが、本当の学生のときよりも充実しており、忙しい中、レポート提出や講義のDVDを見たりと 家の中でもOFFスイッチが睡眠のときだけのようでした。  実は今年に入ってから、本業もかなり忙しく 男の40代って 本当に働き盛りで役がいっぱいなんだなとつくづく感じています。  バアチャンズIN歌舞伎町はじめ、後半にはついに シタゾコVE(バリューエンジニアリング)セミナー開催と 盛りだくさんな月になったわけですが、ここにきて本当に人の縁の大切さに気付かされます。  それを何より大切にしろ!! と 常々教えてくれる我が代表の登内です。このようなイベントを計画することが、ほとんどシロウトな私達にとって、この二つのイベントを無事乗り切るのは、またまた大変な勉強でした。 そこには 絶対に一人では出来ない、みんなのチームワークで成り立つ世界がまっています。  主催と参加 このスタンス違いを凄く勉強しました。  どのような会にも、イベントにも 主催する側と参加する側があり、自分達はそこの主催なのか参加なのかで、同じイベントに存在しても 立ち位置がまったく違う! 当たり前ですが、あらためて、こんな事を勉強しています。  その中でも 今回はやはり VEセミナーについて大きくふれてみたいと思います。 バリューエンジニアリング=VEですが、ものの持つ機能に焦点をあて、そこに柔軟に着目することで、形から入る問題解決より 本質に触れることが出来る思考方法 そんな解釈でいいのか まずは徹底的に構成している機能の洗出しをし、その製品の主機能と構成部品の機能を徹底的に分析し、それが一体何のためのパーツなのか(今回のセミナーの課題は角型折りたたみ式物干しハンガーでした)を 部品一つ一つの機能で分解していく。 201008040931000.jpg    すると ハンガーはまず 大きなメイン機能として 「洗濯物を干す」がまず。メインファンクション(F0)として登場し、その下に 「洗濯物を吊るす(F1)」「乾きを容易にする(F2)」>「収納を容易にする(F3)」という機能が存在することがわかる。  まあ これ以上はややこしくなるので、ここで一つ 私達の班の奇抜な発想をご紹介しましょう! それがVEの可能性になるのだから。    F3の[収納を容易にする]に注目すると、それは ハンガー中央が二つに折れることから、使用しないときなどに収納スペースをとらないという機能である。 201008040930000.jpg  その「二つ折りにする」という「形」から離れ「収納を容易にする」という「機能」に着目する。  ハンガーはもう考えないで収納を容易にする。を 班のメンバーでどんどんと例を挙げていく。  いくつか例を挙げると「小さくする」「重ねる」「丸める」「切り刻む」「圧縮する」「曲げる」「分解する」「やわらかくする」「つぶす」「空気を抜く」「ねじる」などなど  ほんの一部ですが こんなにたくさん出てきます。  この中から、これは というものが出てくるんですね。 私達の班からでたのは「空気を抜く」から出ました。  浮き輪の空気を抜くことで小さくなるからでたこの機能は、班のメンバーの ゴムボート型にすれば良いんじゃない!から あっとゆーまにフレームを空気注入型のゴムボートのようなフレームにすることになりました。  このよな感じで新開発のハンガーが、ハンガーなんてまったくノータッチのメンバー達によって、開発され、コストダウンされていきます。 こういうアプローチは「形」にとらわれていたら まずたどり着けないでしょう。  これが キチンとした商品になるには もちろんたくさんの理詰めをしなければならないでしょうが、このような柔軟な発想こそが、新製品開発や、コストダウンにとっても役に立つであろうと思われます。  ここに書ききれるほど、VEは浅はかではないので、もし これを学んでみたいという方がたくさんいれば シタゾコはVEセミナーをもっと開催していこうと思っております。  今回はVE協会の丹沢先生に大変お世話になりました。 丹沢先生のVEの例話の中で私自身が大変気に入っているお話は、「名古屋の金のしゃちほこの金箔張替えのコストダウンの話」 かいつまんで 金箔を張り替えるコストは2億5千万円   内訳  しゃちほこを降ろす  1億円       金箔を張り替える   5千万円       しゃちほこを上げる  1億円       合計         2億五千万円   これをコストダウンする。   ふつうなら 業者に 作業の費用を下げさせるとか、競合させ、安い業者に発注とか そんなコストダウンになるでしょう。           それをVE的に解決していく         まず  金箔を張り替えるのは何のため?          名古屋の皆さん または訪れる皆さんに喜んでもらうため!   しゃちほこの金箔張替えのファンクションは「みんなに喜んでもらうため!」   それなら 張り替えたしゃちほこに触れてもらおう! 喜んでもらえる!   そして 金箔を張り替えたしゃちほこに触れようフェス開催!            入場料1000円で 20万人動因!!       収入2億円!!       まったく違う形での予算の捻出で問題解決してしまう。       これがVEの凄いところです。   私たち中小企業の光になる可能性をたくさん含んでいると思われるVE これをもっともっと広めて 応用して、日本活性化を推進していきたいと思ってます。   今 自分が取り組んでいる鳥獣害だって、たくさん応用ができる。そう感じてます。  そういえば先月まとめの里山のコーディネートの演習で用いたのも 付け焼刃のVEでしたっけ^^;  なんか 知ったかぶるのうまいんだよなぁ..   そんなこんなで とうとう一年たちました!  皆さん たくさんの応援ありがとうございました! 八月からの来期も、元気いっぱいで飛び回ります!       今回も長々とありがとうございました。  羽廣 

    6月を振り返り...

    0
      6月のまとめです。  梅雨に入りかなりムシムシした一ヶ月でした。 大学の講義が進み 内容がかなり把握できてきました。 正直最初は、キチンと出席して、講義を受けて 里山鳥獣管理プランナーの肩書きを頂ければいい!!  それを持って現場に行こう!!  それだけを考えていました。 が  自分が考えていた講義とは内容が随分と違っているのに驚きです。  私はきっと、イノシシの捕獲の仕方や忌避の仕方を中心とした。単純な講義が続くと思っていたのですが、そうではなく 生態系とは何か? その人間に対するサービスとは何か? それを失うのはどれほど恐ろしいことで、現状はどうなっていってるのか?  それに伴い どんな事が起こり始めているのか?  それを解決するには どうしたらいいのか?  というような 全然グローバルな視点の講義内容です。  そして 次に書くのが一番気に入っている内容です。  今 荒廃してしまっている地方の里山の農地を何とかして復活させて、耕作放棄地を減少させ、その田畑の作物を鳥獣被害から守り、さらに農作物のマーケットを見つけ、住民のチームワークを作りだし、皆で鳥獣害対策をするシステムを考える。  そんなことを演出できる人と育てる! そういう勉強なんです!  うん!! 実にシタゾコらしい!!  受講してよかった(涙  今 現場実習が増えてきました!  6月の後半の実習は 実にリアルでした!  栃木のある中山間地の農村で、村人に鳥獣害被害の実態をヒアリングする実習です。 一応回覧板で告知はしてありましたが、どうなることやら..    手分けして 小さなチームを作り 十件くらいづづ受け持ち ヒアリング開始。  玄関先で いきなり門前払いされたり(うちには関係ないし!!興味もない!)居留守使われたりと、そんな事もありながら(まあ これが一番の現状です。)  そして私達の班の担当のところをまとめると、まったく被害にあっていないという事が見えてきました。  理由は結構な県道が縦に走っていて、それをはさんで天国と地獄のようで、聞くと道の向こうはたくさんやられているよ!という ことでした。  その話はどこで聞いてくるのですか? と聞くと どうやら道の向こうの知り合いからだったり、学校の父兄会だったりすることが解りました。  被害は直接はないが、話題にはなっている。 そして 子どもの通学路があるので、もしイノシシと子どもが遭遇し、襲われたらどうしようと、不安がっている事もきけました。  直接被害を受けている農家さんの話は、他の班が聞いてきてくれています。  その状況は燦燦たるもので、何をやっても効果は期待できないと、ほぼ諦めムードのようです。 そんな事を写真のようにまとめていきます。 201006301406000.jpg  地区の自治会長さんも話に加わりました。    来年度から県の補助金をもらい、下草刈りや荒地の整備などを業者さんたちがやってくれるのだが、来年は予算がでるからいいが それ以降。 自分達だけではたして維持していけるのか?一回やっただけで終わりになってしまうのではないか? 非常に不安であるとの事。  そもそも直接被害を受けていない(関係ないと思っている)人と被害を受けている人の垣根をどうするか?  これが焦点です。  受講生の一人から「直接被害を受けていない人は巻き込む必要はないんではないか? それは無理ではないか?           道の向こう側は別に考えたほうが良い」  という意見がでました。  道という境界線。 それと農家でないという境界線ができてしまう。  それはアカン  受講生と自治会長の会話やヒアリングの中で、ヒントがいくつかありました。!!  まずは「子どもを持つ親」  そして「被害を受けている農家」  「地区の自治会」  この三つが 鳥獣害をする目的を持っています。  何のため!!の鳥獣害対策なのか!    子どもの親=学校へ通う子供達の安全のため    被害を受けている農家=農作物の被害をなくすため    地区の自治会=地域住民の生活のため   もしこの三つが協力しあって 鳥獣害対策に取り組めば 上の境界線はなくなります。   その三つをネットワークさせることができれば、一人ひとりの負担は軽減され、長期間にわたっての   鳥獣害対策の維持が可能になるかもしれない!!   そこに我々が勉強している「正しい鳥獣害対策」のもってくる!   そういうコーディネートができたら! 地域活性化に繋がる!   まだ ホントに小さな可能性ですが、 これをやっていきたい!!   と 思ってます。   実は 上のまとめ方   シタゾコが 今月主催予定のバリューエンジニア(VEと書きます)の手法でまとめてみました。   物事を「形」で考えるのではなく、「機能」や「目的」から考え、コストダウンや新製品の開発、現状の商品の付加価値をあげる。   という講座です。  まだ 本講義を受ける前ですが、実はこの考え方に非常にはまっており、実際の仕事をはじめ、非常に約にたっております。  「何のため 誰のため」  この一見シンプルな 言葉の中に 物凄い可能性を感じて 7月の本講義を楽しみにしています。  今回はここに絞って 6月のまとめとしたいと思います。 201006301217000.jpg 上の写真は ちょっと昔の材木に切り出し運搬作業の絵です。 非常に危険で技術のいる作業でしたが、今はもうする人はいないそうです。 ちょっと考えさせられる絵 胸に突き刺さりました。    連日暑いですが、7月も頑張ります。  長文お付き合い頂き ありがとうございました!!     羽廣

      五月の活動報告

      0
        五月があっとゆーまに過ぎていきました。 もちろん色々な事が書きたいのですが、今回は二つの大きな変化を書きたいと思います。  まず一つは なんと大学に通い始めた事!  まさか40歳になって また キャンパスライフがやってくるとは..    宇都宮大学 里山科学センター 里山鳥獣管理プログラムを受講し   里山鳥獣管理プランナーを目差します!    なんたって 里山を科学しちゃう訳ですから(笑 楽しいかぎりです。  一体どのような内容の講義になるのだろう.. もしかして動物の有効な捕獲や  忌避の仕方だけ 徹底的にするのかな?  と思っていたのですが、どっこい!! 違いました。 生態系の勉強や 里山の恵み  の大切さ 自然の大切さ それを科学的に講義してくれるのが里山科学です。  地域資源の発掘とそれを活用するWS的なセミナーもありました!  これは とってもソタゾコ的!!  私は ほんとに口もきけないほど小さい時から 生き物が大好きで、生き物図鑑を  一日中眺めていました。 保育園のときのニックネームは「虫博士」  夏になれば 庭は水槽だらけの生き物だらけ(汗  よく親が 何も怒らなかったなぁぁ.. 蛇も飼ってたもんなぁ..  だから 鳥獣を捕獲する 減らす だけなら受講したくはなかったんです。  それを目的に受講してる方は 眠そうですが、私は楽しくて仕方ありません^^   まず 生態系サービス  サービス??  とは   まず生態系とは から始まります。 具体的にどのようなものが生態系か?   生態系=相互に関係した動物や植物によるコミュニティーと物理的な環境の事    ...      ややこしいな(汗 理屈っぽいところが たまりませんな(汗   生態系サービスとは そこからいただく恵みの事   ようは 命を維持できる 「環境」のことです。   当たり前すぎて ありがたみを忘れてしまいがちですが、このシステムが破壊   されたら生命維持は出来ません。  それをGNP換算すると(どうやって計算するんだ!)全人類が生産するGNPのおよそ2倍!!     すごい!!   ん??   まてよ..   たかだか人間ごときの2倍って   かなり有限て事なんじゃないか!!   そう 人間の生産力(破壊力)はこんなにすごいんです。   これは 非常に危惧すべきことだと思いました。      それから もっとユニークな内容もありました。   「BORO」   青森県の歴史的な着物です。 ようは襤褸なんですが つぎはぎの技術です。   これが 今 注目されている。 昔 青森県は布が非常に貴重で   手に入れるのが大変困難でした。 そこでつぎはぎを重ね 何百年も一つの   着物を着継いでいきます。 そうして 時代を重ねたものが「BORO]です。   こうして物を大切にしていったんですね!   それは 見るだけで涙が溢れてくるような。感動を覚えました。   こうやって 物を大切にして、寒さをしのいで 家族とスキンシップを図って..   なにか思いやりの塊のようです。      今 安い服作って 大もうけしている会社たちは これ見たほうがいい!   アラル海が 干上がってしまったのは何故もっと問題視されないのか!   色々考えさせられてしまった。   もっと 色々なものを大切にする生き方をしないと..と思いました。   やっと二つ目です。   とうとう 農業を始めちゃいました!!   就農準備校や 色々なところで農業に関るうちに 農業をやってみたくなって   とうとう土を耕し始めちゃいました。   自分が感じたままに 固定観念にとらわれずやってみようと思います。   まずは どんな野菜をするのか  やっぱり 固定種という野菜の魅力から   離れることが出来ません!   固定種とは 花が咲いて種ができて 次に年 その種をまくとまた収穫   できる野菜!  ここに書くと なんや当たり前な感じですね!   が 今 市場にある野菜のほとんどは これが出来ないんです。   1代限りの野菜「F1」ていいます。   形がそろいやすく 綺麗にできます。 何回も品種改良した結果   今はそういう野菜になっています。   固定種は実は 形がそろいにくいのだそうです。   何のために? 形がそろえたいのか..   消費者のため? 農家のため?    答えは 流通のためでした。 そう 形がそろえば 詰め込みやすく   大量流通しやすい そのため F1野菜が主流です。   時代ですかね  今は流通も色々あるし 小口でなら それにこだわる必要は   ないです。  それに形がそろわないより 大きい小さいがあっても   次世代が残せる野菜のほうが健康的に感じる!!    ようは そういう「勘」です!   人間だって大きい奴 チビ ノッポ 色々いますもんね! 個性って大切です。  で 秋から冬にかけて 権田家に協力してもらい 固定種の日本ホウレンソウを  育ててみて  確かに大きさはマチマチでしたが うまい!! 生でバリバリでした!  今は にんじんを2種類と 枝豆(茶豆)の固定種を植えて 天気の様子もきになり  ますが、まずまず順調に育っております。  農業をして思うことは 太陽がありがたい!! 雨がありがたい!!  気候の変動が毎日気になります。  高校のラグビー部のとき依頼 天気オタクになってます。(高校のときは雷雨だと部活が  休みなので毎日 カミナリ注意報を楽しみにしてました。)  それから 無農薬にはこだわっていきたいです。  農薬は実は安全だという人がいます。 一面 そうだと思います。     でも  生態系は確実に壊します。  都合のいいものだけがある圃場には  したくない!  子供の頃の 私の遊び場は 畑と田んぼでした。  バッタ トンボ オタマジャクシ タニシにカエル 色々獲って 遊びました。  でも ちゃんと野菜は出来ていたし、お米もへっちゃらでした。  私は 虫オタクでしたから 当時 ウンカやヨコバイなんかも獲って遊びましたが  捕虫網一振りで 10匹くらいは採れます。(稲の害虫です)  それでも稲は元気だし その虫を餌に トノサマガエル釣って..  とまぁ こんな感じです。  なので 昆虫がいる畑  それでも大丈夫な野菜を作っていきたい!!  近所の子供が 虫取りにくるような畑にしたい。  そんなことを感じた5月でした。  6月もまた 楽しく駆け回ります。  有難うございました!!  

        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links

        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM