誕生日プレゼント

0
     自分が苦手としていることは二つ かしこまって写真を撮ること 字を書くという事 昨日は沢山の誕生日メッセージ 書き込み 電話での直接ラブコールなど 本当にありがとうございました!! こんなに祝福していただけるなんて 本当に感謝でいっぱいです!!  皆様今後ともよろしく御願いします!!

     

     44歳の誕生日は今までとちょっと違う特別な誕生日です。 もうすぐ会社の代表になる年でもあるから ちょっと感慨深いものがあります。

     経営者になるということは 人前に立って何か話す機会がある。 書類など文章をまとめることもあるだろう。

     二十歳くらいまで このふたつも とっても苦手なことだったのですが、へたなりに経験をつみ  話すこと 文章を書くこと など だんだん出来るようになってきました。

     こうなりたい!! そういう思いで努力すれば 自分なりに苦手は克服できるんだ! と感じています。

     

     で あとは字がうまくなりたい!! うまくなくてもせめて!!  

     

     せめて!! 味のある字 がかけないものか!!  字を書くこと 最大の難関にチャレンジしてみようかと思い

     

     

     

     誕生日のお祝いに 万年筆をいただきました! 

     ほんとうに感謝です!!

     

     まるで似つかわしくないのですが、なくさないため 大事につかえるよう 学生時代ぶりに 筆箱買ってみました。

     

     オマエはすぐ ボールペンだの鉛筆だの どこかへなくす!!!!!

     

     よ〜〜〜〜く 会社で怒られております(涙

     

     これを機にマイ ボールペン 万年筆で 字が上手になるように!! 道具を大切に!! できるよう 頑張ります!!

     

     お客様から「ありがとう」をいただくため! そして社員一同の幸せな生活のため これからも元気に活動していきたく思います!!  

     皆様本当にありがとうございました!
    今後ともよろしく御願いします〜〜〜    羽広 保志  

    日本の宗教観

    0
       明治天皇は王政復古の直前 崇徳上皇の陵墓に頭をさげたのでした。

       

      大河ドラマがずいぶんと進んできたので久々に歴史のブログでも書いてみるかなっと!

       

      上の出来事が何をいいたいのかというと、こういうのが日本の宗教の特徴であるということなんですよね〜

       

      大河見てる人はわかると思いますが、崇徳上皇は世の中をのろってなくなります。 しかもどんなふうに呪うか具体的にして  「王を民に引き摺り下ろし民を王にしてくれる!!」

       

      と断言して亡くなるわけで

       

      こののち清盛が天下を取り そして平家が滅んでも源氏が幕府を開き武家政権が成立してしまいまい

       

      あたかも崇徳上皇の呪いは現実になってしまったわけです。

       

      それから何度王位奪還を計ろうともついにかなわず

       

      そしてやっと王政復古ができるのが、それから約七00年後の明治維新になってなんです。

       

      だから公家は、崇徳の御霊に敬意をあらわし 讃岐から京都へ御霊を移して丁重におまつり

       

      したんですね。

       

      鎌倉から始まる公家の歴史をみると まず源氏の将軍三代が絶えたときを機に、後鳥羽上皇

      による反旗が鎌倉に対して翻る(承久の乱) が しかし 東国の武士(北条氏中心に)たちによってあっけなく鎮圧されてしまい しかも 北条氏によって流罪にされるという前代未聞の処置

      を受ける。

       

      まさに 民と王が逆転した瞬間です!!

       

      さらに 鎌倉幕府の権勢が弱まったときに 鎌倉への不満武士たちを見方につけた後醍醐天皇

      が倒幕に動く(建武の中興)いったんは倒幕に成功し権威を取り戻したかに見えたが、

       

      結果 武士たちによる新幕府にとってかわられてしまう。しかも偽朝廷(北朝)までかってに

      つくられてしまうのです。

       

      がまだ公家は権力の座から降りたわけではないんです。

       

      寺社があります。

       

      この当時の寺社はとても権力(財力)がありました。 公家は次男 三男を寺社の座主や神主

      の座にすえます。

       

      当時寺社は日本各地に座(商売組合みたいなものでこれの許可なしにモノは売れません)や関

      (川や道路などの交通機関で通行料を徴収する関門)を持ち そこを通るたびに税を徴収してい

      ました。

       

      当時宗教というのはたたりがあるということで大変恐れられていたし 武装もしていました。

       

       それを一掃してしまうのが 織田信長なんですね!!

       

       楽市楽座 関の廃止 宗教との対立 各地の宗教本山の虐殺は こういう背景から信長に

      よって進められ 公家は財力 権力 勢力をそがれていきます。

       

      最後に家康によって 公家諸法度 寺社奉行の制定が行われてとどめ!!

       

      これを 当時の公家たちは すべて崇徳上皇から始まった 「たたり」としたわけです。

       

      だから 明治天皇は 王政復古のときに 讃岐からわざわざ京都に崇徳を戻し、あのときの

      処置は間違いでした! とわび 無事に王政復古できるよう祈願したというわけです。

       

      これは たたりが本当にあるとかいうのではなく、日本というのはそういう宗教がある。

       

      ということなんですね!

       

      この宗教というのを無視して歴史を教えても 全く意味がないんです!

       

      神社に祭られている神様はものすごい力をもっているとされている人

      鎮守の神様と怨霊は表裏一体なんですね!

       

      怨霊を大自然の力で鎮めて、鎮守の神様になってもらうというわけです。

       

      いまだって日本人の心のどこかにこういうものって残っているんです。

       

      だってそういう歴史と宗教の国なんですから!

       

      歴史をきちんと理解し日本人とはなんなのか そして日本人としてこの国を誇りに

       

      思えるような教育って大切だと感じます。

       

      そういうことがきちんと盛り込まれた教育ができて初めて 愛国精神というのができあがって

      くるんだな〜と思います。


      福井県を旅する

      0
         4月14日 15日の2日間を使い 初めて福井県を訪れました。 日本は狭いようで広くこんなに狭い日本 そしてこれだけ交通網が発達しても まだ行ったことのない都道府県がある。 福井もその一つでした。

         越前ガニ 東尋坊 など 有名なものもたくさんありますし 産業的には メガネの生産が盛んで イコールチタン加工が得意な地域


        でもあり、そんなとこを含めて 花見半分 遊び半分で出かけてきました。

         福井市は県庁は福井城跡にあり 立派なお堀ち石垣がしっかり残っています。 越前は江戸は松平家(家康次男の結城秀康の松平家)

        なので城郭も凄い立派です。 幕末も名君と名高い 松平春嶽公のお膝元そういう背景もあり 早く着てみたかったんです。 FBで花見とコカリナ演奏の企画に招待してもらい コカリナとのセッションに興味もあったので この際参加してみるか!! という軽いノリでしたが 福井のみなさんは 大変暖かく迎えてくれました。


         福井城のほかに 丸岡城もあります。  ここは柴田勝家が築城したお城で 日本最古の天守閣のあるお城だそうです。 北陸には珍しい 野面積みの城郭! 雨の多いところには多いんですが、これはこの城の古さの証拠かもしれませんね!

        そして 魚がうまい!!

        今は群馬だって流通がいいから 魚はおいしいです。 いろんなところに行って食べたけど 群馬のおいしいところと変わらないなぁ というのが正直な感想でした。 が 福井は違う! 刺身も焼き魚も本当にうまかった!!   

         次の日は 花見をしながらのゲリラライブ コカリナ(ハンガリー)とジャンベ(セネガル)のセッション! コカリナは オカリナを木製にした楽器で 連結して演奏したりするのですが 見ていると結構難しそう! 音色はやさしい感じです。 やはり 音楽は、いつもの仲間とやるのもいいけど セッションが一番勉強になる。

         楽しい緊張感がたまりません!!

         そんなこんなで 福井のたびは終わりました! 

         お誘いいただいた 岩崎機型 郷様 セッションしてくれた船井様 福井の皆さん ありがとうございました!

         またの機会を!! 福井はいいところだ〜〜!


        カーネーション

        0
            今 大河ドラマも面白いですが 実は朝の連続ドラマにもどっぷりはまってます。

           

           カーネーション! 凄い面白いですね! 自分も父親の仕事を継承していってるわけですが、その継承のスタイルが時代を超えて  同じ服というジャンルでも 違う形で  しかも  3兄弟とも!! ものすごいじゃないですか!

           

           しかも親 姉妹ともに すべて個性が強く いつも揉め事が耐えなくて.. でも ものすごい結束力も感じて みていて痛快な気持ちになります。

           

           戦争にも負けず 日本の繊維 アパレル業界 ファッションが 長いスパンで見れて 時代の流れの勉強にもなりますね〜

           

           特に娘たちが 岸和田の店を継がず 自分の行きたい方向へいくところは とても感慨深く 時代のニーズに敏感な若いエネルギーと それに負けじと奮闘する 糸子母さんの やり取りは ただの親子ではない お互いがライバルのような、それでいてお互いを思いやる。   素晴らしい関係だな〜と感動しました。

           

           事業の継承って 色々な形があるけど 大切なのは 魂 情熱の継承なのかな〜

           うちの子供は自分の魂をどう受け継いでくれるのだろうか

           

           うちの会社の仲間には どう 伝わっているのだろうか

           

           これからも 楽しく拝見させていただきます。  


          これでいいのだ! 

          0
              人に迷惑をかけないようにしよう!!
             
            日本人なら必ず聞いたことのある モラル マナーの言葉ですね!

            もちろん大切なことかもしれませんが、自分はこの言葉 あまりいい言葉と思わないんす。

            人間は 必ず 他者に迷惑をかけて生きていかなくてはならないから

            人に迷惑をかけないようにしようではなく。

            人に助けてもらったら ありがとう!! と 感謝しよう!! がいいと思うんです。

            他者の命をいただいて自分の生命を維持して 他の方と協力しなければ子孫も残せない。

            そして人間は 必ず欠点がある。

            おいらなんか 一日5回くらいは 誰かの世話になり もう!! 全く!! なんて常々いわれてしまう 欠点だらけの人間です。

            だから ホント いつも感謝なしではいられません^^; いつもこのマーク 

            ありがとうございます^^;

            だから 自分の穴を埋めてくれる仲間がたくさんいます。

            みんな いつも本当にありがとう!!

            もう 付き合いがなが〜〜い人たちから 最近たくさん知り合った人まで 本当にたくさんのフォローを頂いて 今の自分がいます。

            決して順風な人生ではなかったし、 離婚 親会社の倒産 リーマンショック  そして今回の大震災...

            これ たぶん一人だったなら きっとつぶれていたと思うんです。

            仲間がいたからこそ そこに素直な自分でいれたから乗り越えてこれたし これからだって踏ん張っていれるんだと思う!

            これからも たくさんお世話になって やっと  一人前の顔もできるんだと思う。

            そしてもう一つ きっと自分のいいところもある!!

            そして そこはみんなに恩返しができるところでもある!! とも思う。

            こんな自分でも きっと役に立つことがある! それも間違いないことだと思う。


            だから 人間はでこぼこでちょうどいいのよ!


            そのぶんたくさんの人と繋がれる 楽しくやれる! 


            だからこれからも 仲間を大切にして 恥かいて笑って すごしていきたい!


            自分の宝は 仲間です! いつも支えてくれてありがとう!


            だから もし あなたの弱さ つらさがあるときは どうか 聞かせてほしい!


            そうすれば 必ず解決できるよ!

            だって かけがえのない友達なんだ!

            人間は 穴ぼこだらけの 出っ張りだらけ  

               だけど  これでいいのだ!!  

             

            NHK大河 期待してます。

            0
               108日から始まった大河ドラマの 平清盛 NHKの大河ドラマの50周年を記念してということで、とっても期待しながら第一回の放送を見ました。

               

              そもそも 平清盛を主人公に というのでかなりの冒険してると期待していたんです。ここの辺りの歴史(保元の乱がらみ)日本の歴史の一番 陰の部分に触れねばならず、近いところを放送しても(炎立つ 義経など) ここの部分だけは何とかすり抜けてきたようで   が しかし 清盛主人公であるならば ここは避けて通れない。 どうなるのかなぁ 番組宣伝を見る限り相当力を入れてる感じだし   最近NHK いいドラマ多いし(去年の大河のことじゃないよ^^;)

               

              で 昨日の第一回の放送を見て NHK 本気だなと思いました。  

               

              いままでドラマはもちろん学校の教科書もほとんど触れない部分  一つは穢れによる差別  もう一つは皇室最大級のスキャンダル

               

              ここをどう描いてくるのかが 楽しみだったんですが  いきなり そこ を使ってきましたね!

               

              平安時代って 一見華やかそうですが 実は一番治安が荒れた時代でもあるんですね.. それは国としての朝廷が 軍隊や警察を持たない事

               理由は  皇族が 血の穢れを嫌ったこと

               

               なので 世の中は悪党のやりたい放題  それを土地の権利者たちが自衛して守ったのが 武士 の始まりなわけです。

               

               で この武力を貴族や皇族が利用しはじめました。 要は自分は穢れず 穢れた仕事はやつらにさせればいい という考えなワケですね。

               

               こういう部分を今回ほど良く表現しているのは 今までなかったかなと思います。

               

               もう一つ 皇族の最大のスキャンダル  もう のっけから 白河法皇の伊藤四郎さんが いやら〜〜しく 演じてくれましたね!

               

               夕べのでわかりづらかったかも知れないけど  白河法皇と鳥羽天皇の関係はおじいちゃんと孫   で 鳥羽天皇の中宮(正室)が白河法皇の養女である藤原璋子(待賢門院)なんです。

               

               そして なんと白河法皇は養女で孫の嫁の 待賢門院と関係を持ってしまいます。 おじいちゃんに奥さん寝とられたってわけです。

               

               しかも 最初に生まれた子はどうやらおじいちゃんの子らしい..

               

               これは複雑な人間関係が出来ますね

               

               

               この人間関係が やがて 大きく歴史を動かした「保元の乱」に繋がる訳ですが

               

               この闇の部分は 今までドラマでは避けられていたことが多い部分ですが 今回の大河はとうとう そこ をきちんと表現してくれると感じました。

               

               これから崇徳上皇と後白河天皇の争い  保元の乱に

               

               そして アンタッチャブルな日本最大の怨霊 崇徳上皇の呪い と なるわけですが

               

               期待してるので裏切らないでね!NHKさん!

               

               実は 自分はすごく日本の歴史教育に不満があって あんな教科書ではまったく意味がないと感じています。

               

               毎年ではないけど 今の歴史教科書も購入して読んだりしてますが 本当に意味がない勉強をさせられていると感じてしまいます。 特に宗教をほとんど反映していないとこは 本当に苛立ちます。

               

               昨晩の放送でも少しでましたが 当時の陰陽師や僧は ただの宗教者ではなく どちらかといえば 最先端科学者 に近かったんですね。

               

               地震 雷のような自然現象 それと疫病など これはすべて祟りや呪いだと考えられていたわけで、 怨霊を鎮魂すればこういうことは解決すると考えられていました(今でも少しありますが)

               

               だから神社には 菅原道真 平将門 大国主 などなどが祭られているわけで、彼らは皆 誰かに恨みを抱いて亡くなっているわけで、その魂を鎮めるために神聖な場所に 御祭りしたわけです。

               

               当時の人たちの宗教観は今の日本にもまだずっと残っていて 各地のはたくさんの神社があるわけです。

               

               これだけではないですが こういう部分をほぼシカトして なんの歴史なのか! 全くもって理解できませんね!

               

               あ 本題からそれてしまった^^;  ま また機会があったら書いて見ます。

               

               とにかく 今回の大河 期待してます!  今日もう一回見よう^^;


              東京モーターショー2011

              0
                  こちらのブログに久々に書き込みます。 12月11日 東京モーターショーの最終日 大学の同期のボンバー山本と待ち合わせ(七年ぶりの再会)  

                 自動車の写真などは FBに上げたので こちらはせっかくなので専門的なところをあげます。

                 

                昨今の低燃費や高効率の技術は このような地道なところで築かれているんですね!

                もちろんハイブリットが先頭を走ってますが、それを支えるのがこういう 新素材や加工技術によって生み出されていることがよく解かります。

                自動車のブースだけでなく 部品メーカーのブースも大変見ごたえはありました。


                 

                 そして これからの流れ これはアルミの電線です。

                 EV車 これに関わるものもたくさん展示されていましたが、これもその一つ 機能は軽量化です。

                 EVになれば 電気配線の使用量は必然的にあがるわけで、その軽量化を目的としてます。

                 抵抗は銅線に比べて劣るものの それは線の太さで補って EV車の軽症化を目指す部品で、銅の資源枯渇も視野にいれてるそうです。

                 EV関連の展示も非常に多くなってきました。

                 
                 

                 総切削のクランクシャフトです。  よく 工作機械の見本市で デモで切削していることが多く こんなのどこの会社が削るんだろ??

                 と 感心していたのですが  さすがモーターショー  ありました、

                 ユアサ工機さん  試作や小ロッドのクランクシャフトを切削するそうで 業界では有名な会社ですね!!

                 ちなみに複合機は  森精機だそうです。  きっと 専用機もたくさんあるんでしょうね!

                 お話を聞くと  やはりEVになっていくことから 仕事は少しづつ減り始めているそうで、これだけの加工技術をどこに展開していくかが課題になっていきそうです。

                 自動車はきっと 時計と同じ道をたどる! そう感じます。  時計もクオーツになり 今は電波時計

                機械式はほんの一部の最高級だけは機械で (ツールビヨンとかミニッツリピーター機構とか)それは芸術品として残っているだけ..

                 たぶん車もそうなる(フェラーリなんかが今のところ候補かな)


                 今回は慶応大学のすごい電気自動車なんかも展示されていた。 もう 遅かれ早かれそういう時代のながれを感じた。

                 
                 それと 今回のモーターショー 華やかではあったけど リーマンの時ほどではないにしても 寂しさも感じた。

                 アメ車0  ヨーロッパ車も半分くらいか...

                 日本は市場として魅力がなくなっているのがとっても良くわかった。  これが世界の 日本の見方だろうな!

                  景気のせいもあるかもしれんけど それでも中国で開催ならもっとでたよねきっと


                  ようはもう 大量生産の大企業からみたら 日本は魅力的ではないということだ


                  じゃ やはり日本は少量生産の最適化というニーズに向かうわけだ!

                  さて 小船の一本釣りの時代がきたよ^^

                息子の頑張りに..

                0
                   2月5日 土曜日  子どものバレーボールの新人戦がクライマックス!!  県の予選を勝ち上り 残りは準決勝  そして決勝戦!!  バレー選手としては 身体も小さく ジャンプ力もそれほど高くなく(それでも80センチは飛んでるか..)  どうやって 自分のポジションを作っていくのか 色々悩み 苦しんで  時には辞めるとグチを言いながら、しがみつくようにしてポジションを見つけ  久々に ガッツ溢れるプレーを見せてくれた。  そして フルセットの逆転勝利!!   優勝しました^^    201102051448000.jpg  実は自分自身も バレーにはほとんど関ってやれず  肩身が狭いのです^^;  シタゾコ ユニーク工業 宇都宮大学 太鼓 唄 etc     まあ 子どもからしてみたら ほんとに自分勝手な父親だべな--;   でも オイラは子供から教わることがたくさんある!!   諦めないこと!!   続けること!!      一輝!! よく頑張った!!   おめでとう!!   これからも 色々と教えてくれ!!   そして あほなオヤジだけど 宜しくね〜〜^^     

                  太鼓と文化7

                  0
                    image.jpg  先週 仕事で御茶ノ水駅で降りた。  左へ行くと聖橋 そして 神田明神へと続く(前略将門様 お元気ですか!)  少し前に参拝したことがある。  聖橋を渡らずに 靖国通りのほうを目差して歩くと すぐ目の前がニコライ堂だった。   おお!   こんなところにあったんだ!   やはり美しいつくりで、当時の雰囲気がムンムンです。^^      前の日に 長野は伊那からわざわざ 田楽座というチームの座長と 地元から田楽座に入った相楽逸枝が遊びに来てくれた。   大泉太鼓の練習を見学&交流の為に   さすがはプロだ!  何をやっても軸がぶれていないし 見ているこっちも非常に勉強になる。  そして 大泉と田楽座は プロ アマ違えど 伝えたいことが似ていると感じた。   汚い家だけど 座長ともども家にとまっていただいた^^;   平日でなければもっと 色々と話がしたかった。   もったいない(汗      日本の文化と 歴史と唱と踊り 「祭り」とは何なのか!   一体何を祭っているのか? 人は何故 歌い 踊るのか..   物をほしがり 作り 手に入れ 豊かになり(なったような気がした)   反対に なくしてしまったもの   日本人が忘れかけているものを取り戻し 継承すること。   これからの時間は これを取り戻す為に使っていきたい。   ほしいのは「心」です。

                    藍染WS

                    0
                       先日  太鼓の仲間みんなで 藤岡の山の中の体験館へ  初めての藍染体験をしてきた。  日本でも本当の藍で染められるところはなかなかないらしく貴重な体験   DSCN0581.JPG  どういうふうに模様をつけるのかなと思いきや  ビー玉 割箸 輪ゴム 紐など そこらへんに転がっているもので絞りをいれて模様をつけていくです。   DSCN0585.JPG  オイラは手ぬぐいをビー玉や割箸で絞りました。 DSCN0591.JPG    それを藍の中に入れて 水でさらして それを数回繰り返すと DSCN0594.JPG  こんな感じに染まります。  発酵した藍は ツーンとした独得のにおいと暖かさがあり  慣れてくると なんともいえない快感が..  藍って 昔の人の知恵なんですね。  貴重な布を虫などから守る為に染め、そこに遊び心が絞りとなったのかな?     DSCN0584.JPG  とっても貴重な体験ができました。  藍染!!!  とっても面白い!   DSCN0602.JPG そして奥が深い...^^ DSCN0595.JPG

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links

                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM